MENU

更年期障害の陰部のかゆみを抑えるには?

 

更年期障害の陰部のかゆみを抑えるには以下の方法があります。

 

 

  • 膣内に潤いを与える
  • 女性ホルモンと似た働きのものを摂取する
  • 保湿クリームで乾燥を防ぐ

 

陰部の中か外かで対処が変わってきますが、
このような方法があります。

 

 

膣内に潤いを与える

エストロゲンが減少することで膣内が乾燥している状態なので潤滑ゼリーで潤いを与える方法です。

 

潤滑ゼリーの詳細はこちら

 

 

女性ホルモンと似た働きをするものを摂取する

女性ホルモンと似た働きする食べ物には豆腐や大豆、油揚げなどがあるのでこれらを意識して摂ることは重要です。
ただし、人によっては効果を感じにくいので、そういった場合は確実に摂取することができるサプリメントがおススメです。

 

大豆イソフラボン配合のサプリはこちら

 

 

保湿クリームで乾燥を防ぐ

こちらは外陰部にかゆみがある時に効果的です。

 

一時的な解決になるので上で紹介した方法が望ましいのですが、
かゆみの為に掻いてしまうとさらに悪化することがあるので、
保湿クリームでかゆみを抑えてあげることは有効な方法です。

 

このページの先頭へ
デフレ